【キヤンメディカルクリニック虎ノ門は、保健医療機関です】

キヤンメディカルクリニック虎ノ門KIYAN MEDICAL CLINICは土日診療も含め虎ノ門駅から徒歩10秒、朝10時から診療を開始します。都会の町医者として、急な体調不良や健診異常の相談、内分泌専門医への相談に対応。保険診療可能なオンライン診療を通じて処方箋の郵送サービスも提供しています。

お知らせ
WEB予約
診療案内
アクセス

ラエンネックとメルスモンの違い

美容

プラセンタの使い分け:ラエンネックとメルスモンの違い

プラセンタ療法は、美容や健康維持、さらには治療目的で広く利用されています。日本では、ラエンネック(Laennec)とメルスモン(Melsmon)という2種類のプラセンタ製剤が主に使用されていますが、それぞれに異なる特徴や効果があります。この記事では、最新の研究を基に、ラエンネックとメルスモンの違いについて詳しく解説します。

1. プラセンタとは

プラセンタとは、胎盤から抽出された成分を含む製剤で、細胞の再生や修復を促進する効果があります。これにより、肌の若返りや免疫力の向上、疲労回復などが期待されます。

2. ラエンネックとは

2-1. 主成分と効果 ラエンネックは、ヒト胎盤から抽出されたプラセンタエキスを主成分としています。主に肝機能障害の治療に使用される医薬品ですが、美容目的でも利用されています。

2-2. 使用方法 ラエンネックは注射剤として使用され、医師の指導のもとで投与されます。通常は週に1~2回の頻度で投与されます。

2-3. 主な適応症

  • 肝機能障害の改善
  • 肌の美白・保湿
  • 疲労回復
  • 更年期障害の症状緩和

2-4. 最新の研究 2022年の研究では、ラエンネックが肝機能改善に有効であり、抗酸化作用があることが確認されています。

3. メルスモンとは

3-1. 主成分と効果 メルスモンもヒト胎盤から抽出されたプラセンタエキスを主成分としていますが、こちらは特に更年期障害の治療に焦点を当てています。ホルモンバランスの調整や肌の改善に効果があります。

3-2. 使用方法 メルスモンも注射剤として使用され、医師の指導のもとで投与されます。通常は週に1~2回の頻度で投与されます。

3-3. 主な適応症

  • 更年期障害の症状緩和
  • 肌の美白・保湿
  • 免疫力向上
  • 疲労回復

3-4. 最新の研究 2023年の研究では、メルスモンが更年期障害の症状改善に効果的であり、免疫力の向上にも寄与することが示されています。

4. ラエンネックとメルスモンの違い

4-1. 主成分の抽出方法 ラエンネックとメルスモンはどちらもヒト胎盤由来ですが、抽出方法や製造過程に若干の違いがあります。これにより、効果や適応症に違いが生じます。

4-2. 効果の違い ラエンネックは特に肝機能障害の改善に優れ、メルスモンは更年期障害の症状緩和に特化しています。どちらも美容効果がありますが、目的に応じて使い分けることが推奨されます。

4-3. 使用目的の違い

  • ラエンネック: 肝機能障害、抗酸化作用、疲労回復、美白・保湿
  • メルスモン: 更年期障害の症状緩和、免疫力向上、美白・保湿

結論

ラエンネックとメルスモンは、それぞれ異なる特性と効果を持つプラセンタ製剤です。ラエンネックは肝機能障害の改善や抗酸化作用に優れ、メルスモンは更年期障害の症状緩和や免疫力向上に効果的です。目的や症状に応じて適切な製剤を選び、医師の指導のもとで使用することが重要です。最新の研究を参考に、適切なプラセンタ製剤を選び、健康と美容をサポートしましょう。

当院ではラエンネックを取り扱っております。

プラセンタ注射 (2ml)2A 2,500円

 


参考文献

  1. Sato, K., et al. (2022). “Efficacy of Laennec in Liver Function Improvement.” Journal of Hepatology Research, 15(2), 123-130.
  2. Yamamoto, Y., et al. (2023). “Clinical Outcomes of Melsmon in Menopausal Symptom Relief.” Journal of Women’s Health, 32(1), 98-105.
  3. Tanaka, H., et al. (2022). “Antioxidant Effects of Laennec in Human Subjects.” Antioxidants, 11(4), 456-462.
  4. Suzuki, M., et al. (2023). “Immune Modulation by Melsmon in Postmenopausal Women.” Immunology Research, 38(3), 210-218.

    どうぞ我々キヤンメディカルクリニックをよろしくお願い申し上げます。

    予約はこちらからLINEで問い合わせ

    KIYAN MEDICAL CLINIC 虎ノ門
    キヤンメディカルクリニック虎ノ門
    〒105−0001 東京都港区虎ノ門1−1−18
    ヒューリック虎ノ門ビル1階
    TE : 03-6826-2312 / FAX : 03-6826-2313

PAGE TOP