【キヤンメディカルクリニック虎ノ門は、保健医療機関です】

KIYAN MEDICAL CLINIC TORANOMON・キヤンメディカルクリニック 虎ノ門 内科

WEB予約
診療案内
アクセス
内分泌疾患

【内分泌疾患】

内分泌系疾患は、体内で特定のホルモンを生成して機能調整を行う内分泌腺に関連した病態の総称です。内分泌腺には複数の種類があり、その中には脳の一部である下垂体や甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、性腺などが含まれます。これらの腺の異常が内分泌系疾患を引き起こします。

たとえば、膵臓ではインスリンが生成されますが、このホルモンが不足すると血糖レベルが継続的に高まり、糖尿病という診断に至ります。内分泌系の問題は高血圧や脂質異常症など、他の健康問題の発生にも関わっています。
内分泌腺の機能障害は多様な症状を引き起こし、それぞれの症状は腺の種類やホルモンの異常の程度によって異なります。以下に、主要な内分泌系疾患について簡単に触れます。
たとえば、下垂体に障害が生じると、体全体のホルモンバランスに影響を与え、多彩な身体的変化をもたらします。下垂体は、前葉と後葉の二つに分かれており、前葉からは体の成長や代謝に関わる複数のホルモンが、後葉からは尿の濃縮や子宮の収縮に関わるホルモンが分泌されます。

下垂体疾患では、たとえば前葉の機能不全では、成人では性機能障害や甲状腺機能の問題、子供では成長障害などが見られることがあります。治療は、ホルモン補充療法や根本的な原因を取り除く手術など、状況に応じたアプローチが選択されます。
他にも、多尿や強い喉の渇きなどを特徴とする中枢性尿崩症や、身体の末端が異常に成長する末端肥大症、副腎機能に関連したクッシング症候群などがあります。これらの状態は、過剰なホルモン分泌やその不足により生じ、時には身体的、精神的な影響を及ぼします。
これらの病態を治療するには、ホルモン補充療法、影響を受けた腺の外科的治療、放射線治療などが行われ、病状や原因に応じて最適な治療法が選定されます。
副腎は、腎臓の上に位置し、ホルモンを分泌する小さな組織です。この組織からは、生命維持に必要な多くのホルモンが生成され、体の様々な機能を調整しています。これらのホルモンの生産に異常が発生すると、多様な症状や健康問題が現れることがあります。

例えば、副腎から分泌されるアルドステロンが多過ぎると、ナトリウムの保持が促され、血圧の上昇を招くことがあります。これは原発性アルドステロン症と呼ばれ、高血圧や低カリウム血症などの症状を引き起こすことが知られています。
治療としては、副腎の一部に異常が見られる場合、関係する部位を取り除く手術が適用されることがあります。一方で、両方の副腎に問題がある場合は、薬物治療により症状の管理を行います。これには、アルドステロン作用を抑える薬剤が用いられることが一般的です。
副腎が過剰にコルチゾールを産生することで引き起こされるクッシング症候群もあり、これには体型の変化や高血圧などの症状が含まれます。原因に応じた手術や薬物療法が行われます。
また、副腎髄質で発生する腫瘍から過剰にカテコールアミンが分泌されることで発生する褐色細胞種もあります。この症状には高血圧や体重の減少などが見られ、治療は血圧管理から始まり、腫瘍の摘出に進むこともあります。
さらに、副腎皮質ホルモンが慢性的に不足するアジソン病では、体重減少や低血圧、低血糖などが見られます。これは通常、必要なホルモンを補充する治療によって管理されます。
これら副腎疾患の治療は、症状と原因に応じて、内分泌学の専門医によって個別に決定されます。

 

虎ノ門 内科 キヤンメディカルクリニック虎ノ門

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP