【キヤンメディカルクリニック虎ノ門は、保健医療機関です】

KIYAN MEDICAL CLINIC TORANOMON・キヤンメディカルクリニック 虎ノ門 内科

WEB予約
診療案内
アクセス
脂質異常症

【脂質異常症】

脂質代謝異常症は、血液中の脂肪成分のバランスが崩れる病態を指します。具体的には、LDLコレステロール(一般に危険因子とされる)やトリグリセライドが基準値以上に多い、またはHDLコレステロール(保護因子とされる)が不足している状態です。

脂質代謝異常症の確認は血液検査で行われ、以下の基準で診断されます。
• LDLコレステロールが140mg/dL以上
• トリグリセライドが150mg/dL以上
• HDLコレステロールが40mg/dL未満

この状態が続くと、血管内でのコレステロールの蓄積を促し、動脈硬化のリスクを高めることが知られています。また、その結果として血流が悪化し、最終的には心臓や脳などに深刻な障害を引き起こすことがあります。
脂質代謝異常症の原因は多岐にわたりますが、食生活の乱れや運動不足による肥満、そしてストレスなどの生活習慣が大きく関わっているとされています。また、別の疾患が原因で発症する二次性の場合もあります。
治療としては、食生活の改善が第一に挙げられ、特にコレステロールの摂取制限や糖質の過剰摂取を控えることが推奨されます。食物繊維の豊富な食品やオメガ3脂肪酸を含む青魚の摂取が勧められます。規則的な運動によって脂質の数値を改善することも大切です。それでも数値が改善されない場合には、スタチンといった脂質低下薬を用いることもあります。喫煙者は禁煙し、他の疾患がある場合には、それらの適切な管理も重要です。

虎ノ門 内科 キヤンメディカルクリニック虎ノ門

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP