KIYAN MEDICAL CLINIC TORANOMON・キヤンメディカルクリニック 虎ノ門 内科

WEB予約
診療案内
アクセス

世界では、標準的な新型出生前診断「NIPT検査」。とりわけ欧米では政府が妊婦全員に検査を受けるよう指導しており、各国での費用は政府負担が多く、出生前診断の考え方が日本と大きく違います。

『妊娠を中断させる一因』ではなく『知るべき妊娠時のリスク』と考えられています。先進国で重要視されている「女性の自由な選択」を尊重するためにも、知ることが大切です。当院でNIPTの検査をする際は、結果を伝えるだけではく、事前カウンセリングから検査結果のフォローまで『妊婦さんを孤独にしない』体制に力を注いでいます。陽性になったとき、あきらめる場合もあきらめない場合も変わらずサポートできるよう、胎児診断を受けた方々の心的・社会的サポートを行うNPO団体「親子の未来を支える会」と連携し、妊婦さんの心のサポートと医療・福祉の充実を目指しています。

周産期に行う検査には、妊婦と胎児の健康状態の確認を目的とする妊婦健康検査がよく知られていますが、出生前におなかの中の赤ちゃんが染色体疾患をもっているか確実に検査する方法として羊水検査や絨毛検査がありますが、これらは流産などの危険性を伴う検査です。そこで、危険を伴わずに 赤ちゃんが染色体疾患をもつ可能性を検査する方法のひとつが NIPT(非侵襲性出生前遺伝学的検査)です。

以前は出生前検査に係る情報を妊婦に積極的に知らせる必要はないとする方針でありましたが、今後は妊娠・出産に関する包括的な支援の一環として、妊婦及びパートナーが正しい情報の提供を受け、適切な支援を得ながら意思決定を行なっていくことができるよう、妊娠の初期段階において妊婦等へ誘導とならない形で、出生前検査に関する情報提供を当院では行なっております。

NIPTは簡便な検査であるため、妊婦が十分な認識を持たずに検査が行われる可能性があります。検査結果の意義について妊婦が誤解する可能性もあり、胎児の疾患の発見を目的としたマススクリーニング検査として行われる可能性のあることが挙げられます。KIYAN MEDICAL CLINICの小児科・遺伝子専門医がバックアップし、適切な遺伝カウンセリング適切な検査会社で、結果判明後も妊婦に寄りそったサポートを行うことにより、少子化対策を見据えたより良い医療を提供できると考えています。

PAGE TOP