【キヤンメディカルクリニック虎ノ門は、保健医療機関です】

キヤンメディカルクリニック虎ノ門KIYAN MEDICAL CLINICは土日診療も含め虎ノ門駅から徒歩10秒、朝10時から診療を開始します。都会の町医者として、急な体調不良や健診異常の相談、内分泌専門医への相談に対応。保険診療可能なオンライン診療を通じて処方箋の郵送サービスも提供しています。

お知らせ
WEB予約
診療案内
アクセス

マンジャロ入荷

ダイエット

マンジャロ

マンジャロ(GLP-1/GIP受容体作動薬)とは?
週1回タイプのGLP-1/GIP受容体作動薬で、GLP-1(オゼンピック・リベルサス)よりも強い食欲抑制と脂肪分解の効果があります。そのため現在の肥満治療薬の中では一番効果があると言われています。また副作用にはGLP-1製剤同様に胃腸障害や下痢・便秘や膵炎が含まれますがGIPの作用で少しGLP-1単剤と比較すると、副作用がマイルドな印象があります。しかし需要が高すぎて、糖尿病患者にも供給不足となっており、処方制限がされています。

名前の由来
マンジャロ(Mounjaro)は特徴的な名前ですよね。実は特に公表されている明確な語源はないのですが、キリマンジャロが語源だったりなかったり…笑

実際の効果
体重の絶対変化は、詳しくはこちらの論文です。

POINTマンジャロ5mgで-7.5 kg (95% CI -10.9、-4.1、p < 0.0001)
マンジャロ10mgで-11.0 kg (95% CI -16.9、-5.2、p = 0.0002)、
マンジャロ15mgで-11.5 kg (95% CI -16.2、-6.7、p < 0.00001) でした。
かなり信用度の高い研究データです。実際より厳しく判定されています。

かなり効果的な薬で、おそらく肥満治療にも行われる可能性があるマンジャロ(Mounjaro)について色々と調べてみました。
以下の二つの臨床研究が行われています。
MASH(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38768298/)

・心血管イベント(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38706431/)

上記からおそらく減量効果に伴った糖尿病改善、脂肪肝改善、心血管イベント改善、脂質代謝改善もあるかと思われます。

ただ急激な供給量upに伴い日本国内では枯渇しておりました。ただ来月6月4日以降は在庫改善とのことです。

当院では現在も2.5mg、5mg、7.5mgは入荷はできております。希望の方はLINEで問い合わせまたは予約してください。

まとめ

肥満効果としてはかなり有効的。生活習慣病の改善効果も確認されつつある。
ただ適正使用・乱用の恐れもあり、使用に関しては専門医のもとで慎重に使いましょう。

正しい知識と治療で頑張りましょう!
こちらにも詳しく肥満治療に記載してあります。
ご確認ください。

※肥満症の方のみになります。

オゼンピック(GLP-1RA) 33,000 円
マンジャロ 2.5 mg
(GLP-1RA/GIP)
25,400 円
マンジャロ 5.0 mg
(GLP-1RA/GIP)
46,000 円
マンジャロ 7.5 mg
(GLP-1RA/GIP)
70,000 円

 

 

※初診料 3,300円+郵送料(着払い)
来院の方は送料はかかりません。

受診希望の方は電話かLINEでお問い合わせください。
CLINICSからの予約でも受け付けております。

予約はこちらからLINEで問い合わせ

KIYAN MEDICAL CLINIC 虎ノ門
キヤンメディカルクリニック虎ノ門
〒105−0001 東京都港区虎ノ門1−1−18
ヒューリック虎ノ門ビル1階
TE : 03-6826-2312 / FAX : 03-6826-2313

最新のお知らせ

PAGE TOP